We 💛 craft beers blog

私達はクラフトビールを愛しているのだ!

銀河高原ビールの生産中止というニュースを読んで

mainichi.jp

要約

  • 銀河高原ビールが収益悪化により来年3月を持って岩手での生産を中止する
  • 今後は親会社であるヤッホーブルーイングがブランドや製造方法を引き継ぐ。ただし岩手からヤッホーの醸造所がある長野へと醸造所が変わる事で利用していた地下水などは変わってしまうため全く同じとは行かないようだ。
  • 物流コスト、原材料費の高騰、設備修繕費の増加などが収益悪化の原因。

思ったこと

昨今のクラフトビールブームやインターネットによる販路の拡大による市場の活性でどの醸造所も恩恵を受けていると思っていいたのだがこんな有名な醸造所が生産中止に追い込まれるとは驚いた。 ヤッホーと同じく缶ビールとしてスーパーやコンビニでも目にする機会があり、他の醸造所よりも手に入りやすいビールであったことは間違い無い。 小売り向けの缶ビールはコスト高なのだろうか。だとすると今後は醸造所がより大きな販路を探すとなるとタップマルシェなどのプラットフォームを利用した提供が増えるかもしれない。